Hito-Sixx


[記事を書く]
[月別][コメント]
[更新アラート]
2014年11月05日(水)
【31年目B】
31年目B

Rainbow/Bent Out Of Shape(1983)

(私と同じ)1983年〜HM/HRを聴き出した場合、最初に購入したアルバムが本作という人は多いと思う。洋楽誌には毎号何らかの記事や写真が出ていたし、地元ローカル局のMV番組ですらFStreet Of DreamsのPVを何度もオンエアしていた(と記憶)し、とにかく露出面では断トツでしたね。
私は、同じギターヒーローとして人気があったMichael Schenkerのアルバムを最初に購入し、HM/HR好きになったけど、仮に本バンド(Ritchie Blackmore)が最初だったら?まぁ追いかけるバンドか人が変わった可能性は高いけど、HM/HRを好きになったことに変わりはなかったと思う。一聴したときの曲の良さ、多さは、本作の方が上(あくまでも個人的な主観)に感じたから、結果「HM/HR良いねぇ」って。

荘厳なパイプオルガンのイントロから始まるACan't Let You Goに、初めて音楽で感動を覚えた中坊でした。
  
近年の、多少小銭を持っていると思われる我々おっさん層(!?)を狙った再発商法(リマスター、紙ジャケ、多数のボートラを収録した2枚組、DVD付等)。Michael Schenkerはその都度購入し散財しているが、RainbowはアナログからCDに買い直した以降は購入していない。「初めて」との違いってこういうトコロ・・・ですか(笑)


23:08
コメント(0)
[コメントを書く]
2014年10月27日(月)
【31年目A】
31年目A

Def Leppard/Pyromania(1983)

当時、欧米というか米の売れ方に比べれば、日本での扱いは小さかったように思うし、扱いが小さければ後回し・・・そんな感じで、本作は次作(Hysteria/1987)が大ヒットしてから購入した記憶が。その割には、懐かしの「お好みテープ」から現在の「お好みCD-R」まで、必ずAPhotographを入れてしまうワタシ(笑)

イギリスのバンドなのに、アメリカナイズされ過ぎとか、否定的なことを言われることが多いけど、改めて聴いてみると、やっぱり哀が漂うメロディなどは、能天気なアメリカンとは違いますね。

彼らがステージ衣装で着ていた、ユニオンジャックのタンクトップが凄く欲しかったなぁ〜今じゃあ普通に売ってるけど!!


23:59
コメント(0)
[コメントを書く]
2014年10月24日(金)
【31年目@】
31年目@

何かを書く時間が無かったワケではないが、オレの「30周年記念」も2回で終了(苦笑)
家のことが少し落ち着いたので何度目かの復活・・・デス。

Alcatrazz/No Parole From Rock 'n' Roll(1983)

初めて買った洋楽誌(Music Life)に、間もなくデビューと大々的に紹介されていて、何も知らない中坊には?だったけど、元Rainbow
〜MSGのGraham Bonnet(Vo)と、新世代のギターヒーローと噂になっていたYngwie Malmsteen(G)のバンドとなれば、その期待度はカナリのものだったはず。
実際、Yngwieのプレイには驚いたし・・・当時も良く聴いたけど、今もたまに聴いているアルバムです。



11:01
コメント(0)
[コメントを書く]
2014年01月05日(日)
【抱負】
抱負

Happy F**kin' New Year 2014!!

昔の写真を見ると、アノ指を立てるのが相当好きだったようだ。「アホだ」と思いつつ、立ててた頃の方が、元気というか勢いがあったのは確か・・・なので今年はコレ(笑)

宜しくお願いします。

21:06
コメント(0)
[コメントを書く]
2013年12月30日(月)
【30TH ANNIVERSARY!!A】
30TH ANNIVERSARY!!A

30年前、私をHM/HRの世界に誘った、Michael Schenkerの最新作が、(私の)記念すべき年にリリースされるとは感慨深い。内容?もう関係無いんです。彼が元気に活動を続けてさえいれば、宗教みたいなもんで、何でも許しちゃう感じ・・・と言いつつも、毎度全盛期と比べてしまうのは、オールドファンの悲しい性です(苦笑)

個人的満足度★★★★

00:40
コメント(0)
[コメントを書く]
2013年12月25日(水)
【30TH ANNIVERSARY!!】
30TH ANNIVERSARY!!

気がつくと2年ぶり・・・平穏無事でなりより(!?)
気がつけば30周年・・・HM/HRとの付き合いが、これほど永きに亘るとは・・・浮気もせずに大したもんだ(苦笑)

記念画像(?)は15周年くらいか・・・因みにウチの会社は長髪禁止。バカですなぁ〜

21:49
コメント(0)
[コメントを書く]

2011年12月10日(土)
【2011年 第113弾!】
2011年 第113弾!

Nelson/Before The Rain
(2010)

デビュー作「After The Rain」(1990年)で、一大旋風を巻き起こした、マシュー&ガナーのネルソン兄弟の、デビュー前のデモ音源と、未発表曲を纏めたCDです。

11年振りのスタジオアルバム「Lightning Strikes Twice」に続きリリースされましたが、日本での発売はありませんでした・・・本作を求める人の方が多いと思うけど・・・

既に出来上がっている状態なので、デモ音源だと知らなければ、ヴァージョン違い?って思うくらいかな。オーバープロデュースじゃない分、この音のほうが好きかも。

全編美しいハーモニーを多用した、キャッチーでメロディアスなハードロックです。

B全米No.1だったかな?いま聴いても良い曲だなぁ。
DHJ〜Qの未発表曲もクオリティ高すぎ(笑)

期待していた、宝焼酎・純(本人出演)及びリーバイスのCM曲は無し・・・

個人的満足度★★★★★

14:01
コメント(1)
[コメントを書く]
2011年12月10日(土)
【2011年 第112弾!】
2011年 第112弾!

生活環境の激変・・・ク●会社め!?まぁ表立った責任が無くなった点では、ストレスが少なくて良い。肉体的な疲れは寝れば回復するし(苦笑)

ネットを見る時間が激減したので、最近ポチッと押すことも無いのだが、未聴のCDが40枚程溜まっている・・・焦らずいきます。

Shanghai/Take Another Bite
(1991)

ジャケ買い必死の、アメリカ・コネチカット出身の4人組が、1991年にリリースしたデビューアルバムです。

メタル・バブルの様相を呈していた時代、テイチクレコードが、突然大々的に売り出したバンドです。ルックスも良く・・・日本だけで大人気という「Big in JAPAN」の線を狙ったと思うけど、何も起こらず消えてしまいました(涙)

アノ時代のバンドに多かった、キャッチーで聴き易いアメリカンハードロックを演っていて、Gはテクニシャンってヤツです。時折Voの声がW.A.S.PのBlackie Lawlessに似ているかな。

2001年にニューアルバム(お蔵入り音源?)をリリースしていますが、現存しているかは不明。

個人的満足度★★★☆
@AC

10:15
コメント(0)
[コメントを書く]
2011年10月31日(月)
【バイブル】
バイブル

座右の書や愛読書のこと・・・ふと気がつけば、気分的に落ちた時、必ずこの本(漫画)を読み返してしまう・・・カムイ伝→カムイ外伝→カムイ伝第二部。

久々に読むときが来たようだ(笑)

23:24
コメント(0)
[コメントを書く]
2011年10月24日(月)
【2011年 第111弾!】
2011年 第111弾!

Bashful Alley/It's About Time
(1982/2007)

1982年にシングルをリリースしただけで消えた3人組の、そのシングルの2曲と、'80〜'83年のデモ8曲を収録し、2005年にリリースされたコンピレーションCDです。

High Vaultageレーベル繋がりのレーベル買いだったので、バンドの詳細を知らずに購入しましたが、調べてみたら、NWOBHMファンの間では人気が高いバンドでした。

@NWOBHMの名曲として語られている曲。もの悲しいGのイントロから、少々ハスキーなVoが哀愁たっぷりに歌うHR。
B〜E適度なスピード感があって、聴いていて心地良いHR。
FG音質が安っぽいせいか、若干パンク寄りに聴こえるHR。

この内容で契約が取れなかったとは、運がないというか・・・残念ですね。

個人的満足度★★★
@ACE

21:13
コメント(0)
[コメントを書く]

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++