貧乏

@当時医者という仕事は、死体などの悪いイメージから嫌われていました。

今みたいにお金持ちでもなかったんですね。

だから当時その身分の人達は藩校入ることはめったにありませんでした。


しかし大鳥さんは、どうしても祖父が学んだ閑谷学校で学びたいと言い出して、親を困らせついに入学してしまいます。

立派な医者になってくれることを望んだ両親。

その期待は大鳥さんが裏切ってしまうんですけどね;;(でも閑谷学校では医学を学んでます)

藩校ですから、武士の子が沢山。

席順も身分によって決められ、大鳥さんは廊下で授業を受けたこともあったとか。

でも勉強熱心な大鳥さんは、成績優秀でした。


A20歳のとき、大鳥さん今度は蘭学を学ぶと言い出して緒方洪庵の適塾に入学。

しかしもちろんお金が全然ありません。

親に手紙を出してお金を送ってもらってることもありましたが、親だってそんなにお金は持ってません。

ていうか大鳥さんてば、親に「医学の勉強のため」とか嘘ついてお金を送ってもらってますよ。爆笑

そんな手紙まで貴重な史料とされて全国に広まっちゃうんだから、有名人は大変ですね。


やっぱりお金が無い大鳥さん。

そこで、彼はあんま(マッサージ)をやってお金を稼いでいたそうな。

このマッサージが相当うまかったらしい。笑

その他、彼はお金を稼ぐ手段として筆写もしていたそうです。すごいですね。




w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ