大鳥圭介

誕生日
天保3年2月28日⇒1832年4月17日

播磨赤穂で生まれます。現在の兵庫県ですね。代々医者の家です。

14歳にて閑谷学校(岡山県)に入学し、儒学や漢詩、医学を学びます。

その後は蘭学にはまってしまい、大坂・江戸と蘭学勉強のために回ります。


こんな頃から勤勉だったのか…見習いたいもんだ;;

が、ここにて人生の分岐点。

江戸にて医学より工学・兵学にはまってしまいます。

25歳の時には江川塾教授にまでなってます。教わってみたいなぁvV

ジョン万次郎に英語を教わったとき、榎本武揚と知り合います。

さて、彼の教え子には後の敵将となる黒田清隆や新政府で活躍する後藤象二郎なんかがいます。


数々の訳本を出版、日本で初の金属製活版を作っちゃったり。彼の学力には脱帽ですね。

因みに、彼の訳した「築城典型」は後に五稜郭建設の参考となりました。

33歳にて幕臣になり、34歳の時には歩兵頭並に。すっげぇ出世だよ。

明治には新政府軍と全面戦争になります。


宇都宮で土方さんが奮闘・負傷した際、彼は体調不良で不戦…おいっ!

常敗将軍と言われる(笑)彼、この頃は負けばっかりじゃないんですよ?この頃は。

北へと向かい蝦夷地へ渡った大鳥・土方隊。陸軍奉行に選出されます。


しかし明治二年、降伏。その後牢獄生活…なんですが、実はこの牢獄、大鳥さんが設計したんですよね(大爆笑)

明治5年、釈放。その後開拓使御用掛になり海外を飛び回ります。

いった場所書いてるときりがないのですっ飛ばし。

46歳のとき妻が死去。

その後は元老院になったり学習院学長を兼任したり。 そうなんですよ。学習院の3代目学長は大鳥さんなのです。

みんな、いろんな大学にいるんですねー。

すっごく関係ないけど、この大学は入試に「土方歳三」が回答の問題を出したことがあります。笑

1889年駐には清国特命全権公使に任命されます。

日清戦争開戦直前の外交交渉にあたったのは大鳥さん。

つまり、日清戦争のきっかけを作ったのは彼なんですよ。

びっくりですよね。

明治44年、79歳にてその生涯を閉じます。




w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ