いじめにあう

潜伏中苦労の耐えない伊庭さん。英語塾の塾生に紛れて生活していたときのこと。

塾生の一人が、伊庭さんがいつも懐手をしているのは、左手がないからではないかと疑っていて、鶏の羽をむしる番をさせました。

最悪ですね。この仕事はとても片手じゃ出来ないんですよ。

彼はめげずに、鶏を人のいない所まで持って行き、足でおさえ羽をむしりました(感涙…だけどちょっと怖い)。

そこに救世主が現れた!!尺振八(塾を開いていた人)の妻・キクさん。

彼女は、伊庭さんからこっそり鶏を受け取り、仕事を代わってくれました。

沢夫妻は彼にとても親切でした。


伊庭さんは感激し、死ぬまで沢氏の写真を持っていたそうです。




w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ