なじみの花魁

詠み方は「こいな」です。「こいね」ではありません。

この女性は、吉原・稲本楼の遊女で、伊庭八郎のなじみであったと伝えられています。

しかしながら彼女に対する情報は殆どありません。

伝わっているエピソードは、伊庭八郎が、蝦夷への船に乗る際に、50両のお金を出した、ということくらいです。



また、河井継之助の馴染であった「小稲」。

よく、伊庭八郎の馴染の小稲と同一人物と言われますが、時期的に同一人物である可能性は低いと思われます。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ