伊庭八郎

誕生日は弘化元年⇒1844年

伊庭八郎は江戸の心形刀流道場の御家人の長男として生まれました。

長男でも八郎(笑)本名は伊庭八郎秀穎(ひでさと)ですがね。どちみち八。笑。

土方さんとは9歳差ですねvV

幼少時代は病弱だったそうです。

しかもなんと剣術嫌いときた。笑。本ばかり読んでいたとかいいます。


しかし宮本武蔵の描いた書を見て、一気に剣術に目覚める!!うん、単純でかわいいvV時にして15〜16歳頃?

剣の腕はみるみる上達しました。一回夢中になればイバハチ、頑張っちゃいます。



1864年、将軍家茂を警護して上洛しました(このメンバーに土方さんもいます)。

伊庭さんは講武所剣術方(つまり超エリート!!)。

この頃には幼少時代とは打って変わり、剣術乗馬共に優れてました。

家茂から褒美とかももらってるし(すごっ)

伊庭さんは全部で三回上洛しています。いずれも将軍警護。1,2回目はグルメ道中まっしぐら。笑

1868年、遊撃隊が結成され伊庭さんも参加。彼の養父である秀俊は頭取を拝命しています。


そして薩長と戦うため再び上洛(3回目)。

鳥羽伏見で被弾し吐血しながらも勇敢に戦いますが、将軍の江戸退却が決定。

泣きながら反対するも警護として帰還しなければなりませんでした。



伊庭さん達遊撃隊の主戦派は、慶喜が謹慎の為水戸へ向かうと本隊を脱し旧幕軍と合流(土方隊とは別です)。

榎本武揚らと船でゲリラ戦を行うはずだったのに、勝海舟が榎本さんに、艦隊の一部を官軍に引き渡すよう要求。

そしたら榎本さんたら、脱走して戦うことを思いとどまりはじめました。

がっかりした遊撃隊は袂を分かちます。あーあ、何やってんだよ釜さん。笑



その後戦い続ける遊撃隊(離脱組)。

そんな中箱根戦争で、伊庭さんは左手首(肘下あたり?)に重傷を負い、微妙につながっていたものの腐ってしまうので切断手術を受けます。

この時麻酔とかないのに声も上げずに耐えたといいます;;

怪我してから約3ヶ月、伊庭さん達遊撃隊離脱者は蝦夷へ向かうため出航。

しかし台風で座礁してしまいます…かわいそうっ

一時は自殺を決意する彼ですが、説得されなんとか生き延びる。

単純なイバハチ、一回生きようと思えば強い強い。笑

上総に潜伏した後、横浜にて匿ってもらいます。



土方さんと同じように、女関係はばっちりの彼。笑。

なじみの遊女小稲がお金を用意してくれるんです。

そのお金で1868年イギリス鑑に乗り込んで函館へ、榎本武揚の旧幕府軍に参加、遊撃隊と合流し歩兵頭並に就任します。

しかし4/20、胸を被弾して重傷。残念ながら回復のすべはありませんでした。



死亡因は多説あります。命日は土方さんの次の日5/12←という説が有力

遺体は土方さんの遺体の隣に並べられたそうです。享年26。




w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ