道義

薩長に対して、仙台藩が降伏をしようとしていたために、説得に向かった土方さんと榎本さんのお話。

土方さんはこんなふうに言いました。

「有利、不利は別として、(薩長のやってることは)弟が兄を討ち、臣下が君主を征服するというようなものです。

変るはずのない倫理は地に堕ち、道徳は全くすたれてしまいます。

こんなことで、どうして国家政治を指導することができましょうか。

武士道を理解し、徳ある聖人の教えを知っている者は、薩長と手を組むべきではない、と信じています。

貴藩は、どのように見ておいでですか」

格好良くないですか!?

これこそが、土方さんの道義なのですね。

これだけの強い信念を持って土方さんは戦っていたわけですよ。

素敵です。男前です。惚れますね。 が、しかし。

この面会で相手をしていた遠藤さんという人は、土方さんのことを

「度量の狭い小人物で、論ずるにあたらない」

と言っています。苦笑

実際仙台藩は、このときすでに降伏を決めていましたからね。

あーあ。酷いなぁ。

因みにこの日に、土方さんは仙台藩主に謁見を許され、そのときに水色の下げ緒(刀のね)を頂いています。

この下げ緒、佐藤彦五郎資料館にありますよ。是非、行かれた際には見てみてください。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ