辞世の句2

北海道では違った辞世の句が残っています。

土方さんが亡くなったとき、腰に巻いていた白い布に俳句がかかれていたんだそうです。

「叩かれて 音の響きし なず菜かな」

う〜ん…腰に巻いていたってのは事実では無い気もしてしまうんですが、本当だったらめちゃめちゃ格好いい!

俳句自体は、「たとひ〜」より土方さんっぽいですよね?笑。私は好きだなぁ。

土方さんナズナをぺんぺんやったのかな??可愛すぎじゃないですか。


もう一つ、土方歳三戦死を告げた手紙の最後に書き記された句。

「速き瀬に 力足らぬか 下り鮎」

こちらは「辞世の句」説と「安富才輔が土方さんのことを詠んだ句」説があります。

後者の安富さんは歳三戦死の手紙を書いた本人。その手紙にこの句が記されているわけです。

私は後者かなぁって思うんですがね。

でも、とっても綺麗な句ですよね。




w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ