土方流

松前城を落としに行ったときのこと。

松前藩兵は門を閉ざし、開けては発砲してまた閉めるといった作戦に出ました。これでは門から入るのは無理ですね。

そこで、男前歳三さん、めちゃくちゃな戦略に出ます。

陸軍と守衛新撰組を率いて城裏に回り、石垣をよじ登って進入しちゃったんです。

その後、大鳥圭介は土方さんに

「一将の身であるのだから軽々しいことは慎め」

と言ったんですが、土方さんは

「どこにいても何をしていても弾は飛んでくるんだから、生死は運だ。私は自分流にやる」

と反省の様子ナシ。

大鳥さんに怒られる歳三さんて面白いですね。




w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ