書の先生
土方さんは若い頃、谷保村に住む本田覚庵に書を習いにいっていました。

村にいくには多摩川を渡るんですが、船乗場が遠かったんですね。

で、面倒臭がり歳三君(笑)裾をたくしあげて川を渡っていたそうな。

書の習いは、お題を頂戴し、次に行く時書いたものを持っていって添削してもらい、またお題を頂戴する…の繰り返し。


土方さんの、貴重な日野での真面目話〜笑





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ