誕生日

誕生日
天保6年5月5日⇒1835年5月31日

武蔵国多摩郡石田村(東京都日野市)出身。お大尽と呼ばれる豪農土方家の義諄の4男(末っ子)として生まれる。 父は歳三さんが生まれる前に死去、母も歳三5歳にして他界。涙

みなしご!?
大丈夫。兄も姉もいます。

石田散薬を売りつつ剣術を習い、29歳のとき清河八郎の京への将軍上洛警護の募集をきっかけに京へ上る。

その後江戸へ戻る浪士隊から離脱し芹沢らと組み壬生浪士組を結成。新選組となる。

土方さんは副長に就任。

鬼の副長と恐れられた副長ですが、幕府の崩壊と共に新選組も坂を下ります。

解散後、局長近藤が打首になった後も旧幕府軍に加わり走り続ける歳三さん。感動です。

そして最北の地蝦夷で陸軍奉行並となり戦いますが戦死。

明治2年5月11日(1869年6月20日)のことでした。享年35。




w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ